JoJoの最も邪悪な悪役が来世で彼らの完璧な仕事をどのように見つけたか

1999年に最初にリリースされた「DeadMan’sQuestions」は、 ジョジョの奇妙な冒険 それはファンにシリーズの最も有名な悪役の1人の運命への洞察を与えます。 吉良吉影。 キラは常にシリーズで最もユニークな敵対者の1人であり、スピンオフは予想外の方法で彼の物語を続けることができます。

8つの異なる部分にまたがって30年以上の出版、 ジョジョの奇妙な冒険 彼はアニメとマンガの歴史の中で最もワイルドなプロットラインとキャラクターのいくつかを持っていることで悪名高くなりました。 キラはそれを作るのに大きな役割を果たしました ダイヤモンドは砕けない 彼女は有名でしたが、パート4の終了後も、荒木は内向的な連続殺人犯の計画をまだ持っているようです。

今日のビデオゲーム

関連:独自のアニメを必要とするジョジョの奇妙なアドベンチャーゲーム

警告:ジョジョの奇妙な冒険のネタバレ:ダイヤモンドは砕けない

キラって誰? パート4の吉良吉影

第4部では、ファンは美しい女性の選択の犠牲者である森尾の町で地元の連続殺人犯である吉垣キラに会いますが、彼らは彼のアイデンティティを発見することに近づく人を殺します。 パート4のヒーローの主な動機は、キラの危険な存在を永遠に取り除くことによって、街に平和を取り戻すことです。 ほとんどのように ジョージョー 幽霊の路地にいる幻の手の軍隊が彼の魂を盗んだ後、悪役、キラが敗北した方法は予想外で奇妙です。


捕らえられた者の魂を手がどこに持っていくのかは誰にもわからないとのことで、物語が終わるとキャラクター自身もキラに何が起こっているのかわからない。 言われていることは、彼は安らかに休むことができない場所に行くということです。 しかし、ファンにとっては幸いなことに ジョージョー リリースクリエーター荒木飛呂彦 死んだ男の質問 キラの魂が最終的にどこに行き着いたかを示すため。

キラの来世

物語が始まると、ファンは吉良吉影が新しい表情で、彼の過去の人生の記憶を完全に欠いていて、彼の日々を幽霊として生きていることに気づきます。 彼はお金と引き換えに謎の人間の僧侶の命令で暗殺を実行することに時間を費やしています。


幽霊だとしても、キラは人間の生活と同じように、規則や制限に縛られています。 幽霊はほとんどの物体を通り抜けることができないことが示され、その動きは周囲の生きている人々によってさらに制限されます。 キラは、人間の乗客の後ろや周りに忍び寄りながら、目的地まで電車に乗らなければなりません。 彼は生きている住人の許可なしに家や部屋に入ることができず、それは彼が彼の標的である家に入るために欺瞞的なトリックを使うことを余儀なくさせます。

関連:JoJo:翻訳でストレート名が変更されるのはなぜですか?

彼の新しい人生にもかかわらず、キラは彼が知っているのと同じ特徴の多くを示しています。 彼はまだ厳しいライフスタイルを持っており、駅の外で旅行したり花の匂いを嗅いだりするのに何分費やしているかに正確に気づいています。 彼はまた、かつてよりもはるかに暴力的ではなかったものの、依然として女性の捕食に引き寄せられていることに気づきました。 彼の新しい仕事に適合し、彼はまた、人々を殺すことに関してはほとんど後悔を示さず、彼らが彼が殺すように命じられた正しい標的である限り、誰が彼を殺すかは気にしないとさえ言います。


彼はまた、生きている人間の存在に縛られることを心配することなく自由に暮らせる自分の家やアパートを見つけることを夢見て、静かな生活を送っています。 彼は社会の隙間に住んでいて、人間にぶつかって自分の一部を失うことを恐れている他の幽霊のようになりたくありません。 彼は、時が永遠に過ぎても、完全に組織化された生活の中で目的を見つけたのと同じように、天国に到達することは決してないことを知っていても、仕事の目的を見つけることができるかもしれないとさえ望んでいます。

満足のいく終わり?

死んだ男の質問 キラの完璧な運命を示しています。 彼は自分の感覚を失っただけでなく、一見永遠に働くことを余儀なくされ、いつも望んでいた静かな生活を決して許されませんでした。 安定感のある幽霊屋敷を見つけても、スカベンジャーと呼ばれる幽霊を食べる生き物でいっぱいで、左腕を永久に失っています。


物語自体は、キラがその夜どこで休むのか疑問に思って終わります。つまり、彼は永遠にさまよい続け、決して平和を見つけることはありません。 悪役の運命ほどすぐには恐ろしいことではありませんが パート2 Karsと パート5 終わりのない平和な来世であるディアボロは、まさに吉垣キラにふさわしい罰です。

詳細:ジョジョ:シーズン5の後、ジョルノはどうなりましたか?

Leave a Comment